パートとして働く

薬剤師の場合、他の職業と比較した場合比較的求人数が多いといった特徴があります。こういったことも、薬剤師の転職が他の職業と比べて多い理由と言えるのかもしれません。また、正社員で働くのはもちろん、パートとして働いた場合であっても時給が高い為、収入面でも魅力がある職業だと言えます。ですから、働き方は様々。自分にとって無理のない方法で続けることも可能です。例えば、結婚して子供が生まれたり子育てが忙しくなったりした場合も、時間を上手に使ってパートとして働くこともできます。週に2回3回といった働き方でも良いでしょうし、午前中のみ働くといった方法でも可能です。もちろん、夫の扶養内で働くこともできますので、良くk名が得て一番良いと思う方法で働いていけば良いのです。

また、都心部と地方を比較した場合、パートとして働くなら、都心部で働く方が時給が高額であるといった傾向があります。とは言え、地方であっても時給は高いですから安心です。もし、地方に住んでいる方でできるだけ収入を多くしたいとお考えでしたら、正社員の方が良いかもしれません。なぜなら、正社員として働く場合は、地方で働く方が高額である傾向があるからです。